目の下のクマの治し方や消す対策と解消法!簡単に改善するコツ紹介!

老け顔、疲れ顔は目の周辺にくっきり現れるくま、クマと一口に言っても種類があり原因と対処法が異なります。クマで顔の印象を悪くすることがないようしっかり対策が必要。寝不足や疲れて見えるクマを消したいと思う人様々いますが、とっておきのツボやマッサージなど治し方をご紹介しています。

色付きクリームとツボ押し、ナイトアイボーテで二重、若返り

f:id:tarumaesan48:20170509103149j:plain


性別;女性
年齢;45歳
職業;会社員

会社のトイレで思わず鏡を二度見

平日はフルタイムで働く2児の母、明日もしかしたら子どもが熱を出して会社を休んでしまうこともあるかもしれない、という責任感という名前の恐怖から、勤務時間中はわき目もふらずに本日の業務をひたすらこなし、6時ダッシュで保育園のお迎えに行く日々でした。
中間管理職の年齢にもなれば、ランチの後にも長い化粧直しの時間なんてとっていられません。当然夕方の退社前の時間も、バタバタ忙しくて化粧直しの時間はありません。そんなハードな毎日で、ふと鏡を見ると目の下にくまがくっきり・・・思わず二度見をし、愕然としました。
くまのある顔は、ものすごくお疲れな感じだし老けて見えて大ショックでした。

簡単便利なツボ押しと色付きクリーム

睡眠時間など、私の生活はいっぱいいっぱいで、改善など見込めません。そこでまずは手っ取り早く、目の下専用のコンシーラーを用意しました。
隠そう隠そうとしてファンデーションと同じような色のコンシーラーを使っていましたが、白~薄い緑色のクリームをさっとつけ、その上から普通のファンデーションを塗るだけであら不思議。顔色が明るくなります。
下地の色を変えるので、日中にお化粧直しの時間が長くとれなくても、とりあえず夕方まではなんとかなります。
あとは業務中にもできる簡単なツボ押し。パソコンを使った仕事だと目の周りの筋肉も固まるので一石二鳥です。目をぎゅーっと閉じてパッと開くだけでも、血流が良くなった感じがします。
地道な手段ではありますが、続けていけば目元の筋肉も鍛えられくまにも効果があるそうです。

余裕のあるワーキングマザーに、目元を明るく二重に

やはり、なりふり構わず仕事をしている姿は、後輩女子やママ友たちには見せられません。
目元のくまがなくなって顔色も明るくなれば、生き生きとした表情もよみがえり、後輩に目指してもらえるような、ママ友には羨ましがられるようなワーキングマザーになれるかな、と期待しています。
更にクマは一重の元にもなりかねません。
明るく大きな目は二重にすることが近道。その為のナイトアイボーテは二重に、それはクマをも掌握する力も秘めています。
女性のフェイスで一番大切な目は、好印象を持つ秘訣なので、ナイトアイボーテで二重をゲットしてみてはいかがでしょう。

目元のマッサージと目元用美容液で血行増進

f:id:tarumaesan48:20170509102959j:plain


性別 女性
年齢 32歳
職業 ビル管理OL

目元は一番、年齢が出やすい場所と言われています

その中でクマは疲れている時や目を多く使っ

た時、寝不足などの時に特に現れます。私は昔から目の下のクマが出やすくすごい悩みでした。年齢と共にクマがさらにクッキリしてきたので三十代になって目元のお手入れを念入りにするようになりました。今のお手入れ方法はお風呂上がりの目の周りの乳液マッサージと目元用の美容液を付けて血行を促しています。

長年、目元のクマと付き合っています

目元のクマが気になりだした頃はかれこれ、中学生の頃でした。早いとは思いますが私自身、元から肌が薄くて余計にクマが目立ちやすかったのもあったのかもしれませんが中学生ながら鏡みるたびにクマがすごいなと思っていました。でもその頃はくまというより睡眠不足からなっていた時もあったので本格的に気になりだしたのは二十代後半ごろでした。写真や写メを撮るたびにクマが象徴されてて写りも悪くなり、なんとなく目が元気がないように感じていました。

週に一度のホットタオルと温感アイマスクで血行を促す

クマは血行不良との話をよく耳にしていたのでなるべく血流を良くするためにお風呂上がりや時間があれば朝のメイク前にホットタオルで顔全体を温めています。
その後にいつも通りの乳液マッサージと目元用美容液を付けてケアをしています。
仕事柄パソコンを使うので目元はすぐ疲れが出てきます。睡眠時間も平日は短いので、疲れたなって時は寝る時に一緒に温感アイマスクをして就寝しています。
それをして寝たその次の日は爽快で目元もスッキリするので定期的に使用しています。

目元は毎日のケアが大事

もし、この毎日のケアの努力が実ってクマが無くなったら思いっきり写真を撮られたいです。
昔は写真を撮られるのも撮るのも好きで友達と出かけた際も写真は苦じゃなかったのですが、今は写真を撮られるのに少し抵抗があります。
特にアップはクマが一段と目立つのでなるべく遠目から撮るようにしてるのですがやはり隠しきれない部分もあるので場合によっては写りも悪くなります。
写真自体は好きだし撮る機会も多いのでクマがなくなったらまずは写真で思いっきり笑いたいです。

生活改善でクマ対策

f:id:tarumaesan48:20170509102755j:plain


女性
35歳
障害者就労支援員

このままでは仕事帰りに遊びにいけない!?

ある日の女子会。久しぶりに会う女子高時代の友達はみんなオシャレでバリキャリ。仕事帰りだったので、念入りにメイク直しをして、いざ予約していたダイニングバーへ。私の顔を見た友人は開口一番「仕事めっちゃしんどいの?大丈夫?」と心配顔。「え?めちゃ仕事楽だし元気だよ。どうしてそう思うの?」と聞き返すと、「目元のクマがちょっと…」と口ごもる。他の子たちも、うんうんと首をふっているので、もしかしてすごく老けてるとか大変なことになってるのかも!?と焦りました。

肌質とクマの原因によって対策は異なる

結局その日の女子会は、私のクマ対策についての会議も同然に…。結果、デパートコスメのカウンターへ赴き、肌チェックを受けアドバイスを貰うことになりました。「目元ケアのちょっと高級なクリームでも塗ったら何とかなるかな」なんて軽い気持ちで、翌週デパートへ足を運びました。そこで、クマの種類によって原因と対策がことなることを学びました。そして衝撃的なことに、私のまぶたや目の下の皮膚は非常に薄くて集中ケアのクリームやマッサージは適さないどころか逆効果であることが判明しました。

生まれて初めて若く見られた!

結局、皮膚科に行ってはどうかとすすめられ、翌週は皮膚科へ。先生はよくよく話を聞いてくださったあと、生活習慣の改善をすすめてくださいました。寝る時間と起きる時間を一定に睡眠時間を十分に取ること、栄養バランスのとれた食事をとること、日焼け止めを使い日傘や帽子などを身につけることを習慣にすること、目をこすらないこと、そしてビタミンCを十分に取るために錠剤を出してくださいました。それを続けて3ヶ月後、鏡を見たら顔がワントーン明るくなっていました。そして、私より11歳も年下の男性に告白されたのです。「年の差、めっちゃあるよ」と言う私に、「20代に見えますから気になりません」と言われました。幼少の頃から年上に見られ続けた私にとって驚きの言葉でした。やはり美は内側からも大切ですね。

広告を非表示にする

目元のくまの種類には3つ

f:id:tarumaesan48:20170509102614j:plain

 

性別:男性
年齢:44歳
職業:自営業

目元のくまの種類には3つあるそうです。
一つ目が血行不良による目の下にクマが出来る「青クマ」。二つ目は色素沈着による目の下に出来る「茶クマ」。そして、三つ目がくぼみや凹みなどによる目の下のクマ、「黒クマ」。
私のクマはその中で確実に「青クマ」です。
睡眠不足や疲労、ストレス、低体温、目の疲れによる血行不良が原因と言われていますが、まさしくその通りですね。なるべくしてなっている青クマなのです。
30歳を過ぎた頃から、仕事が忙しく、ついつい生活が不規則になってしまった頃、気づいたらクマが出来ていたのです。
そして、このクマの持ち主は肩こり頭痛や冷え性持ちの方が多くいるそうですが、私もまさにその一人です。肩こりなおらないのです。

一番はマッサージや、ぬり薬ではなく、自分自身の生活習慣の改善を行っています。
目元のクマは、低体温・冷え性や肩こりとも影響している事がわかっているので、とにかく、まずは早寝早起きの習慣をつける様にしています。そして、ゆっくりお風呂にも入るようにしています。また、夜も20時以降はご飯を食べない様にして、体調の維持にも努めています。
この様な生活改善、体質改善によって、低体温症を無くし、身体全体を健康にする様にしています。

もし、今この目元のクマがなくなったら、それは生活の改善も出来たということですが、それ以上に見た目も10歳は若返るでしょう。
今まで、暗い場所で写真を撮ると、目元がより暗くなってしまい、余計に老けたように見えていたのですが、それも無くなり、健康的な写真映りができるので嬉しいです。
どうしても、目元のクマが全体的な自信を無くしていたのですが、これで、自身も取り戻すことが出来ます。

目の下のクマの取り方で実践していること

f:id:tarumaesan48:20170409152701p:plain


初めまして。
まず、私のプロフィールを簡単に紹介します。
私は現在28歳の女性です。
以前はとある金融機関で働いていましたが、病気になり退職、現在求職中です。

私が目元のクマを気にし始めたきっかけ

在職中に病気になってから、外出する機会が減っていた私が、クマを気にし始めたきっかけは、実はとある恋愛ゲームなんです。
キャラクターの一人に、クマがくっきりと目立つ子が居ました。
それまでいろいろな事情から、鏡を見る機会が減っていた私ですが、その時そのキャラクターと似たクマが、自分にもあることに気が付いたのです。
大学生の頃は、涙袋くらいにしか思っておらず、気にしていなかったのですが、一度気が付いてしまうと、どうしても気になるようになりました。

お手入れ方法と、クマを隠す緊急対策

私の場合、目指している職業があり、パソコン作業が必須なので、どうしても目に疲れが溜まりがちです。
子供の頃から遺伝で目が悪かったことも、クマができやすいことに関係しているのかもしれません。
そんな私が実践しているのは、ホットタオルやホットアイマスクでのケアと、ブルーベリーのサプリメントの飲用、そして、アイクリームを使った入念なお手入れです。
アイクリームは、大手化粧品メーカーの肌に優しい商品を使っています。
また、良質な睡眠をとることでクマが改善できると考え、寝る前のベッドでの携帯電話・スマホiPodの使用は、なるべく控えるようにしています。
確かに、目にホットタオルを乗せてケアすると、翌日クマが薄くなっていますし、ホットアイマスクは効果が高いです。
ただし、ホットアイマスクは、使用していると体全体が非常に温まるので、夏場は使用していません。
アイクリームも効果があるのですが、面倒くさがりな性格が災いして、ケアを忘れる日もあります。
そんな日は、赤色系のリップバームを、薄く目の下のクマ部分に塗りこんでから化粧をすると、目の下のクマが目立たなくなります。
この他にも、目の下のクマの取り方にはコツが必要なので参考にしてみて下さい。

クマがなくなったら楽しみにしていること

現在はまだ、完全なクマ改善には至っていません。
ですから、目元、特に目の下の涙袋を強調するようなメイクは、却ってクマが目立ってしまうような気がして、チャレンジできていません。
もしも完全にクマが改善したら、涙袋メイクも含めたアイメイクをばっちり決めて、デートを楽しみたいと思っています。

蒸しタオルで血行をよくして、クリームでやさしくマッサージ

f:id:tarumaesan48:20170301194555p:plain


性別:女性
年齢:30歳
職業:事務職

鏡に映った自分の不健康そうな顔にびっくり

30歳にさしかかるまで、自分のくまを気にしたことはありませんでした。
でもある日、ボーっとエスカレーターに乗っていて、途中にある鏡に映った自分の顔にびっくり!とても不健康そうで、「私、疲れてます」とアピールしているように見えるほどでした。
家に帰ってよくよく見ていると、肌荒れなどもありますが、目元のくまがだいぶ暗い印象にしていることに気づき、何かケアをしなければと思い始めたました。

まず蒸しタオルで血行をよくして、クリームでやさしくマッサージ

くまの原因を調べてみると、目の下の血行不良と肌のくすみだと分かりました。
でも顔の他の箇所と違い、スクラブやハードなマッサージなどはできないデリケートな場所です。
極力刺激を与えずに、血行をよくして肌のリフレッシュもできれば改善できそうな気がしてきたので、自分なりに手軽にできる対策を考えて試してみました。
まず、お風呂に入る時に、蒸しタオルを目に当ててゆっくり湯船に浸かります。お風呂を上がる頃には肌が柔らかくなり、血行もよくなっているので、保湿クリームでやさしく目の周りをマッサージします。最後に顔全体にクリームを馴染ませて、完了です!

自信を持って、ナチュラルメイクで過ごす

自分なりの方法でくまはだいぶ改善しましたが、まだ多少は気になるので、ついついベースメイクが厚塗りになってしまいます。くまがなくなったら、サラっとナチュラルメイクをして、自信を持って出掛けたいです。

こまめなマッサージと保湿

f:id:tarumaesan48:20170301194439p:plain


 性別;女性
 年齢:26歳
 職業:フリーター

子供の頃からのコンプレックス

私は、もともと目元の皮膚がかなり薄く、影になることで暗く見えてしまう黒クマ持ちでした。
子供の頃からクマがあり、顔色が悪く見えてしまうことがずっとコンプレックスで、
メイクを始める前からコンシーラーが手放せずにいました。
さらに、大人になってからは仕事で一日中デスクワークをすることもあり、眼精疲労もひどく、
余計クマが気になるようになりました。

こまめなマッサージと夜の保湿を欠かさない

仕事を根詰めすぎると、鏡で見てはっきりわかるくらい目元がどよんとしてしまいます。
目を疲れさせすぎないよう、休憩の意味も込めてこまめにマッサージをするようにしています。
血流を良くさせるため、目と眉毛の間のくぼみをぐっと押したり、目尻のくぼみを上に向かって引き上げます。
また、10秒ほど目をぎゅっとつむり、その後目をパッと開きます。これを何回かやると血流が良くなり、目がすっきりします。
クマは、目元だけでなく体全体の凝りや血流の悪さも影響して起こるものなので、一緒に肩や腰のストレッチもできたらするようにしています。
夜はスキンケアと一緒に必ず目元の保湿をします。
私は影クマ対策用のアイクリームを愛用しています。
クマには乾燥が大敵であるため、絶対に乾燥させないよう気をつけています。
保湿と一緒にマッサージをすると、さらに効果的です。

メイクを楽しみたい

今までは、メイクをする際クマが目立たないように工夫することばかり考えていました。
コンシーラーやハイライトを駆使して目元を明るく見せることを第一に考えたメイクをしていました。
もしクマが良くなったら、スモーキーアイやチークを主役にしたメイクなど、