目の下のクマの治し方や消す対策と解消法!簡単に改善するコツ紹介!

老け顔、疲れ顔は目の周辺にくっきり現れるくま、クマと一口に言っても種類があり原因と対処法が異なります。クマで顔の印象を悪くすることがないようしっかり対策が必要。寝不足や疲れて見えるクマを消したいと思う人様々いますが、とっておきのツボやマッサージなど治し方をご紹介しています。

頭皮からのマッサージ

f:id:tarumaesan48:20170301194142p:plain


性別 女性
年齢 47歳
職業 事務職

顔を見た瞬間、体調を心配された

目元のクマは、10代の頃から気になっており、よく体調を心配されたりしました。
顔色も青白く病気がちに見えたのかもしれませんが、大きな病気をすることもなくいたって健康でした。
たぶん、骨格からして目の下の皮膚が元々、薄いのだとおもいます。
Ⅰ番、ショックだったのは20代前半の時に、会社の上司が私の顔を見た瞬間、「大丈夫?」と言ったことです。
とっても元気なのに…。
そのときに、なんとかしなくてはと思うようになりました。
しかし、仕事がら1日中パソコンを見続けており、スマホでも動画や小説、マンガをよく見るので目には負担かけまくりです。

頭皮マッサージ

顔と頭皮はつながっていると思うので、頭皮からマッサージします。
髪の毛の根元をひっぱったり、頭皮を動かすようにマッサージしたりすると、顔色がよくなる気がします。
オイルをつけて、本格的にマッサージしたり、ブラッシングをして血行をよくしたり、仕事中もチョコチョコとマッサージするようにしています。
耳もマッサージするし、首をまわしたり…。とにかく血行をよくすることです。
そうすると、育毛効果もあるので、いいと思います。

ノーメイクですごす!

もし、クマがなくなったら、ノーファンデで出勤します!
今はコンシーラーが手放せませんが、それも不用になると思うと嬉しいです。
ファンデーションを肌にぬると、息苦しい感じがして、本当はぬりたくないのですが、そうすると外出する勇気ができません。
顔色さえよければ、多少、シミがあっても平気です。
メイクはポイントメイクだけで、楽チンだし、クレンジングも楽チンです。