目の下のクマの治し方や消す対策と解消法!簡単に改善するコツ紹介!

老け顔、疲れ顔は目の周辺にくっきり現れるくま、クマと一口に言っても種類があり原因と対処法が異なります。クマで顔の印象を悪くすることがないようしっかり対策が必要。寝不足や疲れて見えるクマを消したいと思う人様々いますが、とっておきのツボやマッサージなど治し方をご紹介しています。

こまめなマッサージと保湿

f:id:tarumaesan48:20170301194439p:plain


 性別;女性
 年齢:26歳
 職業:フリーター

子供の頃からのコンプレックス

私は、もともと目元の皮膚がかなり薄く、影になることで暗く見えてしまう黒クマ持ちでした。
子供の頃からクマがあり、顔色が悪く見えてしまうことがずっとコンプレックスで、
メイクを始める前からコンシーラーが手放せずにいました。
さらに、大人になってからは仕事で一日中デスクワークをすることもあり、眼精疲労もひどく、
余計クマが気になるようになりました。

こまめなマッサージと夜の保湿を欠かさない

仕事を根詰めすぎると、鏡で見てはっきりわかるくらい目元がどよんとしてしまいます。
目を疲れさせすぎないよう、休憩の意味も込めてこまめにマッサージをするようにしています。
血流を良くさせるため、目と眉毛の間のくぼみをぐっと押したり、目尻のくぼみを上に向かって引き上げます。
また、10秒ほど目をぎゅっとつむり、その後目をパッと開きます。これを何回かやると血流が良くなり、目がすっきりします。
クマは、目元だけでなく体全体の凝りや血流の悪さも影響して起こるものなので、一緒に肩や腰のストレッチもできたらするようにしています。
夜はスキンケアと一緒に必ず目元の保湿をします。
私は影クマ対策用のアイクリームを愛用しています。
クマには乾燥が大敵であるため、絶対に乾燥させないよう気をつけています。
保湿と一緒にマッサージをすると、さらに効果的です。

メイクを楽しみたい

今までは、メイクをする際クマが目立たないように工夫することばかり考えていました。
コンシーラーやハイライトを駆使して目元を明るく見せることを第一に考えたメイクをしていました。
もしクマが良くなったら、スモーキーアイやチークを主役にしたメイクなど、